すべての動画
動画を見る
 

she Q

長谷川冬樹(44・独身)は、「子ども達の未来の為に」を掲げ、家庭内教育や進路指導をサポートする会社の経営者である。しかし、彼自身は未来にも無関心であり、今生きていること自体にも懐疑的であった。目にするもの、耳にしたもの、記憶においても全てまやかしのような虚無感を感じていた。そんな彼にも、心が和む時がある。それは社員アキ(25)の存在である。何故か彼女を幼い実の娘のように感じていて、微笑ましく接していた。そんなある日に、自分にはアキと同じ歳の娘がいたことを知らされる。学生時代の恋人の弟にあたる者からの報告であった。しかしそこには、先日彼女は死亡したという事実も含まれていた。彼女は冬樹の存在は知っていたらしい。冬樹は、生前の彼女の思いを巡らそうとする。しかし、想像の中でしか、彼女を想う事ができないやり場のない自分と、生きる意味すら感じられない虚無的な自分との相克の中で、避けていた故母の存在が去来する。冬樹は、彼女が母である前に、生と対峙し苦悶していた旨を悟る。そして、自分の生や存在を受け入れていく。
A story about a man who is skeptical of being alive and explores absurdity. He is informed that he had a daughter ,who died recently. He accepts his existence by thinking about her life.

 
shain0.jpg
wada0.jpg
iwasaki0.jpg
kouheiei0.jpg
kunisan0.jpg
Fuuka0.jpg
sasamotosan0.jpg
kuramotosan0.jpg
miwasan0.jpg
odajimake0.jpg
kouheiandpochi0.jpg
aki40.jpg
 
rei0.jpg
niko0.jpg
kokomi1.jpg
mom0.jpg